緩和ケアチーム

緩和医療のありかた

緩和ケアチームについて

当院では、現在行っているがん治療について、より質の高い医療を提供できるよう、緩和ケアチームを立ち上げました。
緩和ケアに関する今までの考え方は、『緩和ケア』=『終末期医療』となっていましたが、最近ではがんとわかった日から緩和ケアの始まりと言われています。

これはがんと診断された患者さんが治療を受けるうえで、身体や心の様々な苦痛があり、患者さんの生活の質(QOL)が損なわれることが多く、苦痛の緩和が患者さんにとって必要と考えられるからです。
これらの苦痛に対して、当院の緩和ケアチームでは、入院患者さんについてコンサルテーション型の緩和ケアを実施し、がん治療による生活の質の維持、向上をお手伝いいたします。
このように、患者さんが、がんと診断された早期から、緩和ケアチームが主治医,病棟スタッフと協力して、がん患者さんやご家族のサポートをさせていただくことで、入院治療に伴う不安や苦痛の軽減をお手伝いするとともに、治療終了後に患者さんがその人らしい生き方を選択できるようお手伝いをさせていただきます。

ページ上部へ戻る