内科

ご案内

現在、内科には循環器、呼吸器、内分泌・リウマチ、糖尿病をそれぞれ専門とする5人の医師が在籍し、消化器内科と協同して内科診療を行っています。
内科では、高血圧や糖尿病、肺炎などといったcommon disease(コモンディジーズ よくある病気)の診療はもちろんですが、専門的な診療が必要な疾患や病状にはそれぞれの専門医が診療にあたります。
また、当院では診療が難しい疾患に関しては大学病院や救命センターなどの高次医療機関と密接に連携を取り対応しています。

当院では病診連携(病院と診療所の連携)を積極的に推進しています。
患者さんはそれぞれかかりつけ医をもっていただいて、病状の落ち着いている患者さんは普段は診療所に通院してもらい、病状の変化した場合や、病院での検査、入院治療が必要となった場合に診療所から病院に紹介してもらうというシステムです。待ち時間の短縮や、かかりつけ医を持つことの安心感など、患者さんにとってもメリットの多い取り組みだと思われます。
ご協力をお願いします。

担当医専門領域・資格等

三木 隆己 専門領域老年内科
日本内科学会認定医
日本透析医学会認定医
日本老年病学会認定医
日本認知症学会専門医
日本糖尿病学会認定医
日本骨粗鬆症学会認定医
破戸 克規 専門領域循環器
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
野村 奈穂 専門領域呼吸器
日本内科学会認定医
日本呼吸器学会専門医
岡本 圭司 専門領域内分泌・リウマチ
日本内科学会認定医
日本リウマチ学会専門医
三島 誉史 専門領域糖尿病
日本内科学会認定医
丸山 直美 専門領域呼吸器
日本内科学会認定医

 

ページ上部へ戻る