臨床研修プログラム

当院の特徴と臨床研修の基本理念

当院は、泉州地区において地域医療の中心的役割を担う自治体病院です。
精神科を除く内科系・外科系の主要14診療科からなる総合病院で、基幹型研修病院に指定されていますおり、救急告知病院として内科と小児科は救急医療に貢献し、急性期病院として豊富な臨床症例を扱っています。
近年医師不足に悩む病院が多い中で、当院は中規模病院ながら、医師の確保、各科の充実が進んでいます。

総合病院として幅広い診療を行う一方、地域に密着した特徴的な診療を行う目的で、

1)内視鏡的治療や内視鏡下外科手術を中心とする消化器疾患に対する低侵襲性治療、
2)こどもと女性にやさしい医療、
3)糖尿病・生活習慣病に対するチーム医療、

に特に重点を置いています。

消化器内科が平成20年4月から独立し、早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は100件を越えます。
外科・内視鏡外科で行われる手術も腹腔鏡下手術など内視鏡外科手術が大半を占め、国内でも有数の消化器病に対する低侵襲性治療に特化した病院といえます。
さらに、平成21年に10月には周産期センター棟が完成し、小児科外来、産婦人科外来、NICUを一つの棟に集約、周産期から小児まで診療するセンター(周産期母子センター)としての運営を開始しました。
また、糖尿病専門医・糖尿病療養指導士チームは糖尿病地域連携パスを稼動し、地域ぐるみで糖尿病・生活習慣病治療に取り組んでいます。

初期研修では内科系・外科系の疾患を偏りなく経験し、まずプライマリーケアができる医師の育成を目標とします。
このように裾野の広い臨床力を基盤として、後期研修ではより専門的な経験・知識・技能を培い認定医や専門医の資格を取得することを目的とします。

“すぐれた臨床医”の条件としては知識や技量に秀でた医師であるだけでは不十分で、患者さんばかりではなく同僚、職員からも信頼され、地域医療に貢献できる総合的な資質を身につける必要があります。

また、現代医療においては、一個人の力だけでは限界があり、医療チームの一員として責任ある態度と行動が問われます。当院の研修では、絶えず医療の技と心を鍛えるものでありたいと考えています。

そして、私ども「スタッフの経験、知識」と「研修医の若い活力」が一体となり、医療内容の向上に努め、常に前向きな活き活きとした医療を築きあげることを目標としています。皆さんと一緒に診療できることを大いに期待しています。

消化管内視鏡研修方針

とにかく早く検査ができるようになりたいと切望する消化器内科医師を目指す医師の気持ちを尊重し、かつ安全に検査が行えるように研修を行っている
  1. 消化器内視鏡研修:1ヶ月の内科初期研修後、消化器内科希望者については内視鏡研修を開始可能。
  2. 上部消化管内視鏡検査から研修を開始する。
  3. 上部消化管内視鏡検査にて内視鏡操作に習熟した段階で下部消化管内視鏡検査の研修を開始する。
上部消化管内視鏡検査:指導医の監督のもと、検査を行う
  1. 指導医が挿入、観察後、胃前庭部において交代、5分間で胃内および食道を系統的に観察し写真撮影する(約10例)
  2. 系統的写真撮影ができるようになれば挿入を開始する(約20例)
  3. 生検を行う。
下部消化管内視鏡検査:指導医の監督のもと、検査を行う
  1. 内視鏡挿入モデルを用いた挿入のトレーニングを随時行う。
  2. 指導医が挿入、盲腸にて交代し抜去、観察する。(約10例)
  3. スコープ操作になれ、大腸観察が行えるようになれば挿入を開始する。15~20分で指導医と交代する。
    (過剰送気となると指導医が交代しても挿入が非常に困難となる)
  4. 盲腸まで20分で挿入可能となった段階から生検を行う。

病院見学について

当院では随時、医学生や研修医の方を対象に下記のとおり病院見学会を開催しています。
参加を希望の方は、メールに必要事項をご記入の上、送信してください。

  • 日時:随時調整します。
  • 集合場所:泉大津市立病院7階総務課
  • 持ち物:白衣・名札・筆記用具

病院実習のご案内

自由に実習先を選択できるクリニカル・クラークシップ制度のある医学部生の方は、是非、当院での臨床実習を体験下さい。
国公立・私立の出身大学を問わず全国の学生さんを喜んで受け入れいたします。
泉大津市立病院での研修に興味のある研修医の方は、お気軽に一度当院をご訪問下さい。見学を希望される方、実習を希望される方は、総務課総務係までご連絡下さい。

ページ上部へ戻る