理念・倫理

基本理念

市民の健康を守る総合病院として、新しい医療技術と設備をもって、地域の診療所などとの連携をはかりながら、
病気の早期発見と治療にあたっています。

  1. 良質の医療を提供し、信頼され安心感を与える医療を実践します。
  2. 地域の中核病院として、地域全体の医療・福祉の向上に寄与します。
  3. 常に向上心を持ち、協調の精神でチーム医療をおこないます。

基本方針

  1. 当院は、患者さんの立場に立ち、患者さんの権利を尊重した医療を実践します。
  2. 当院は、急性期医療を中心に地域医療を行います。
  3. 当院は、医療事故を防止し、医療の安全確保に努めます。
  4. 当院は、地域の医療機関と協力し、医療連携を推進します。
  5. 当院は、効率的な医療を行い、経営の健全化に努めます。
  6. 当院は、医療の質の向上のため研鑚に努めます。

患者さんの権利と責任

当院は、患者さんの権利を尊重し、医療従事者としての職業論理を遵守して良質の医療を提供します。
患者さんには次の権利があります。

  1. 人格が尊重される権利
  2. 平等な医療を受ける権利
  3. 最善の医療を受ける権利
  4. 安全な医療を受ける権利
  5. 診療情報を知る権利
  6. プライバシーが守られる権利
  7. 自己選択と自己決定の権利

患者さんに守っていただきたいこと

良い医療を行なうためには、患者さんと医療従事者が協力しあわなければなりません。
患者さんにも次のことを守っていただくようお願いいたします。

  1. 病気に関する情報をできるだけ正確に医療従事者に伝えること。
  2. 他の患者さんの診療に支障をきたさないこと。
  3. 医療従事者の指示を守り、治療効果をあげるために努力すること。

医療従事者としての倫理

  1. 職員は、医療従事者として、常に生命を尊重し、愛情を持って、
    医療を受ける人びととの利益のために全力を尽くさなければならない。
  2. 職員は、医療従事者としての責任を自覚し、医学知識や技術の習得だけでなく、
    人格を高めるように努めなければならない。
  3. 職員は、医療従事者として、 医療を受ける人びとの人格を尊重し、十分な説明を行い、
    自律性を重んじなければならない。
  4. 職員は、医療従事者として、誠実に対応し、安全で適切な医療を行い、
    信頼を得るように努めなければならない。
  5. 職員は医療従事者として医療の公共性を重んじ、地域社会全体の医療の向上に貢献しなければならない。

公務員としての倫理

  1. 職員は全体の奉仕者であり、常に公正な職務の遂行に当たらなければならない。
  2. 職員は常に公私の別を明らかにし、その職務や地位を
    自らや自らの属する組織のための私的利益のために用いてはならない。
  3. 職員は特定の者から贈与などを受けるなど、市民の疑惑や不信を招くような行為をしてはならない。
  4. 職員は、職務の遂行に当たっては、全力をあげてこれに取り組まなければならない。
  5. 職員は、勤務時間の内外を問わず、自らの行動が病院全体の信用に影響を与えることを
    常に認識して行動しなければならない。
ページ上部へ戻る